1 / 11
2016年09月13日

∧∧∧山にまつわる怖い話Part11∧∧∧


930 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/08/24 22:44 ID:z32NM/t0


後輩の話。

学生時代、仲間二人で入山している時に遭難したのだという。
季節は秋の終わりで、小雨が降り続いていた。
道を見失い、雨に打たれ続けた彼らは、疲労困憊だったそうだ。

歩けなくなり繁みの中で休んでいると、仲間が船を漕ぎ始めた。
無理もないな。そう思っているうち、眠っている仲間の口元が蠢きだした。
と、いきなり口がパッカリと開き、一匹の蝶が這い出してくる。
唖然として見ていると、蝶はどこかへ飛んでいってしまった。
彼はどうしてか、仲間を揺り起こすことができなかったという。

どれくらい経ったのだろう。
膝を抱え途方に暮れていると、先の蝶が戻ってきた。
仲間の顔に留まるとその口をこじ開けて、もぞもぞと口腔内に姿を消す。
次の瞬間「あーぁっ」と大欠伸をし、仲間が目覚めた。
おもむろに立ち上がると、驚くことを言い出した。
「こっちの方に標識がある筈だ。辿って行けばルートに戻れると思う」


2015年05月15日

海にまつわる怖い話・不思議な話 1

905 :オキ :03/03/11 09:08
これは父が、生死の境を三日間さまよった時の話です。(また父かよ)


906 :オキ :03/03/11 09:19
私が2~3歳の頃。もちろん私には記憶がなく、父および母からきいた話。
父もまだ若かったので、頻繁に海に潜りに行き、貝やらなにやらを採りに出かけていた。
うちは結構な貧乏で、ウエットスーツのような良いものはなく、
父は長袖の肌着にパッチという、それは素晴らしい格好で潜っていた。
(海中にはいろんな虫や魚がおり、
 それらに刺されたり、身を食われないようにするためのものだったとか・・・)
装備するのは水中メガネのみ。それで5~10m潜る。

1 / 11
怖い話・怪談カテゴリー