1 / 212
2016年09月11日

海にまつわる怖い話・不思議な話 1


198 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/10 03:23


海に囲まれた千葉県は、昔も今も漁業が盛んな地域である。
海は多くの富を千葉に住む人々に授けてきた。まさに恵みの海である。

しかし、海は富を授けるものだけではない。
優しいその顔の裏には、人の命を奪う恐ろしいもうひとつの顔があるのだ。
特に漁師たちは、板一枚の下は地獄と言われたように、大変危険な仕事であった。
近代整備の整った今でも、遭難する可能性がある海である。
当時の人力による船で海を渡る人々の気持ちは、いかほどであっただろうか。 

当然、海に纏わる妖怪は沢山いる。その最も有名なものは、『海坊主』ではないだろうか。
巨大な坊主頭の姿で突如海面に姿を現し、漁船を転覆させたり、漁師を脅かしてみたりする妖怪であり、
広く全国で怖れられている、海の代表的な妖怪である。
お盆或いは、月末とか出る日が決まっていると言う地方もあり、
その日は漁師はみな仕事を休んだと言われている。

その正体は海で死んだ者の霊魂だとか、魚が集まったものだとか言われているが判然としない。
しかし、現代でも『ニューネッシー』や、『カバゴン』、『シーサーペント』など、
海のUMAと看板を書き換えて、妖怪『海坊主』の子孫ともいえる怪物たちは健在である。





2016年02月16日

海にまつわる怖い話・不思議な話 1


121 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/06 16:04

女房の祖父が昔、貨物船の船乗りで、おもしろい話をいくつか聞いています。
そのひとつ、『肉』というやつを‥‥

その名の通り、肉の塊らしいんですけれども、直径3~5メートルぐらいで、
表面に毛がびっしりと生えていることもあれば、象かカバのような皮膚のようなこともある。
顔も何も無く、ただの円形の肉布団のようなこともあれば、
顔のようなものがついていて、1メートル近い長い鼻がついていることもある。
ただ波間に漂っていることもあれば、明らかに意思を持って泳いでいたりする。

祖父はパナマやキューバの方で、10回ぐらい見たことがあるそうです。


もうひとつ、『ブヨブヨ』というのも聞きました。
これは半透明のブヨブヨした感じの物体で、空に浮かんでいるそうです。
大きさはコンビニ袋ぐらいのものから、直径2メートルぐらいまで色々。
夜だと、ほんのりと光っていることもあるそうで。

これまた、何をするわけでもないんだそうですが、
祖父は一度つかまえようとして触れてみましたが、
プヨプヨとした触感だけで、ツルンと逃げられてしまったそうです。

タグ: , ,
2016年01月08日

海にまつわる怖い話・不思議な話 1


599 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :03/02/04 23:56

わたし、オキじゃないけど、ミシマ沖で同じような目(?)に遭ったことがあります。
581の書き込みで魚の鳴き声を読み、10年間忘れようとしていたことを思い出しました(冷汗)

ちょうどその日は沖泊まりで、夕刻は後部後半上で皆でメシを食いながら、
何人かは釣りをして、釣れたものはそのまま司長にわたして即料理、という感じでした。
日も暮れてそろそろ寒くなり始めたころ、釣りをしている仲間の一人が、
ハリセンボンのように膨れたカワハギ?を釣り上げました。
かなりヘンな形をしていたのですが、
カワハギはとっても旨いし、どうせ料理してしまえば形なんてどうでもいいので、
そのまま司長に渡しました。
晩飯を食いながら釣りをしていた私たちは、そのまま釣りを続け、サカナは調理場に・・・


2016年01月01日

死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?2

287 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :2000/10/16(月) 00:48
これは、もう亡くなった曾祖父に聞いたお話です。
曾祖父が亡くなる数カ月前。どうしたことか、親戚を集めて色々な話をきかせてくれたのです。

幽霊船ってお話御存じですか?
私の実家は鹿児島県のとある離島なんです。
凄く田舎で、さらに曾祖父の時代ですから、電気とかもまだちゃんと通ってなかったような頃の話です。

ある日、曾祖父は知合いと漁に出たんです。嵐になりそうな日だったらしいです。
魚って、嵐の前とかって海でじっとしてるから、釣れやすいんですよ。
それで、どんどん釣れるので、どんどん沖に出て漁をしていたらしいのです。
知合いの船とはとっくに離れてしまって、もう見えなくなっていたみたいです。

そうしたら、急に風が強くなってきて海が荒れてきて、かなりやばい状態になったそうです。
(そのころはもちろん木舟です)
そろそろ帰らないとまじめにやばいと思って、帰ろうとしたそうなんですが、
魚がたくさん釣れるのに夢中で、島はかなり遠ざかっているのに気付かなかったそうです。
霧は濃くなってきたし、波は荒れてくるし、かなり覚悟をきめたそうです。

そうしたところ、霧のむこうから、なにやら大きな舟の影がみえたんです。
乗り移らせてもらえば助かる!そうとっさに思って、舟がこちらにちかづいてくるのを待っていました。
当時の木舟には、水が入ってきたときすくって捨てるように、杓子が備え付けられていたんです。
近付いてきた大きい舟の人が、上から杓子を渡すようにジェスチャーしました。
曾祖父は嫌な予感がして、とっさに杓子の底を割って、大きい舟に乗っている人に渡したんです。
そうしたらその人は、杓子で何回も曾祖父の舟に水をすくって入れようとするんです。
もちろん、底が割ってあるので水は溢れます。
曾祖父は気が長くなる程、ずっと大きい舟の人たちに杓子で水を入れられていたそうです。
(木舟って本当に小さいので、長い時間されるとやっぱり沈んでいくんでしょうね)

それから霧が晴れてきて、大きい舟はどんどんと遠くなっていきました。
曾祖父は必死に舟を島まで漕いで帰ったそうです。
沖ではみんなもう曾祖父はダメだろうと思っていたみたいなので、かなり吃驚されたそうですが。

最後に曾祖父が言ったのは、
「あの幽霊舟に、一緒に漁に出た知合いが乗っているのが見えた。そいつは帰ってこなかった」と言っていました。

それから数カ月して、曾祖父は亡くなりました。
それから、日本昔話で幽霊船の話をみて、凄くゾッとしましたよ(^^;)
本当かどうかは知らないのですけど、
実家の島は、毎年よく人が山で行方不明になったり、不思議なことがおこったりするみたいです。

2015年12月04日

海にまつわる怖い話・不思議な話 1

206 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/12/11 00:53

海を職場にしている漁夫や船員たちが、その長い海上生活の間の奇妙な体験と言えば、
誰もが先ず第一にあげるのに、船幽霊がある。
最近は余り耳にしないが、昭和の初め頃までは、随分あちこちでこの噂はあったと古老たちは語る。
それは、油を流したようなどんより曇った夜や、また、天気が時化(しけ)る直前、
生暖かい風がぴたりと止んだ夜更け等に、よく船幽霊に出会ったという。

もともとこの船幽霊というのは、海で遭難した人の霊と信じられ、
その不慮の災穀の無念さがその場に残り、後に迷い出るものとされている。
その出現は無数の火の玉であったり、ある時は泳いでいる漁夫の姿であったり、
たちが悪いのになると、狐や狸が化かすように、人の目を迷わすこともあるといわれる。

北風が吹きつける寒い冬の夜更け、漁を絶えて港に帰りを急ぐ舟が、一様によく見かけたのは、
『千づる』と呼ぶ火の玉の群であった。
じゅず繋ぎになった一連の火の玉が、岸の岩から岩に飛び移って乱舞する様子に、
「あゝ、また今夜も千づるが飛ぶ」と語り合ったという。

また、この船幽霊の悪い質(たち)のものは、船の行手をいろいろ変化させることがある。
何もない灘中を、急に大きな岩礁に見せたり、突然、大船が突進して来るように見せ、
また、岩礁が多い危険な海面を、何もない大海原に見せかけるなどして、
舟が思わぬ事故を引き起すこともあったともいう。

これら船幽霊のさまざまな現象に、実際に遭遇した古老たちの体験話を、ここに紹介することにしよう。


2015年10月23日

海にまつわる怖い話・不思議な話 1


3 :あなたのうしろに名無しさんが・・・ :02/11/28 13:26



死ぬ程洒落にならない怖い話を集めてみない?6


805 : 805(1/2):2001/07/28(土) 19:51


毎年この時期、水難にあって死ぬ人はやっぱり多いらしい。
で、海で溺れかけたけど、なんとか生還した女の子がちょっと前にいたんだって。
その人は浜辺に戻ってきて、めちゃくちゃ震えてたんだって。
まあ一回溺れたら分かるけど、確かにめちゃくちゃ怖いもんな。
でも、その種の震え方じゃなかったんだって。
どうにか落ち着いた彼女が語った話はこう。



806 : 805(2/2):2001/07/28(土) 19:52


水中眼鏡をかけて海の中を潜って、一人で泳いでたそうな。
結構息の長い方で、海中のいろいろな景色を楽しんでたんだって。

そんで、息継ぎに海面に戻ろうとした時、下から足をガッと掴まれたらしい。
慌てて自分の足を見ると、
水泳パンツ?だけを履いた、明らかにこの世の物じゃない腐敗しかけた男の子が、自分の足を引っ張ってたんだって。
恐怖と息苦しさでパニックになりながら、
「助けて!お願い!私はまだ死にたくない!」って必死で念じたそうな。
でも男の子は、掴んだ手を離さない。
男の子の顔は、なぜか悲しさと恐怖に満ちていたらしい。
諦めたように、首をゆっくり左右に振ったんだって。
男の子の体が、彼女の足を掴んだまま、ゆらりとのけぞるように横に揺れる。
その時、溺れかけた彼女が見た物は、
男の子の足を更に下から掴む、防災頭巾をかぶった女の子の姿だったらしい。
そして、更に水中のもっと深く暗い所から、無数の水死者?が、彼女のもとに集まりつつあったそうだ。
なんのために?引き擦り込む為に。決して逃がさない為に。


2015年10月14日

海にまつわる怖い話・不思議な話 1


578 :オキ :03/02/03 08:27

海には皆さんも御存知の通り、妙な生き物が沢山いるみたいですが、
その中の一つにであったという、父の話を一つ・・・



579 :オキ :03/02/03 08:50

「ようけ魚見てきたけど、いろんな海にはもっと凄いのがおるだらぁなあ。多分まだ100分の1も見てないけん」
と、苦虫を噛み潰したような顔をする父。
これは父が、自分が出会った最初で最後の魚(?)の話。

ある年のお盆も過ぎた頃、父と父の友人はイカ釣りに出かけました。
(もうこの頃は、同じ時刻に毎日行きます。だいたい夕暮れ前に出て、10時前後に戻ってくる)

その日、父はいつもより早く帰ってきました。
どれ位釣れたのかと見てみると、なんとゼロ。
大漁の時は、他の同じ規模の船の倍、他の船が水揚げがナシでも、何かしらの成果で帰ってくる、
地元でその道の人の中では有名な父です。
はっきり言ってあり得ません。
私は何かがあったのだと思いました。(船のトラブル?海が時化てきた?・・・)

すると父は、コップに冷や酒を注ぎながら語りだしたのです。


2015年10月07日

海にまつわる怖い話・不思議な話 4

122 :爺さんの弟子 :04/09/07 11:33

俺の爺ちゃんの話。

爺ちゃんは物心付く頃には船に乗ってたという、生粋の漁師だった。
長年海で暮らしてきた爺ちゃんは、海の素晴らしさ、それと同じくらいの怖さを、よく寝物語に語ってくれた。
中には「大鮫と七日七晩戦い続けた」とか、「竜巻に船ごと巻き上げられた」などの、
突拍子もないエピソードもあったりしたが、
幼い俺には、酒の入った赤ら顔でトンデモ武勇伝を語る、そんな爺ちゃんが、
漫画やアニメのヒーローなんかよりも、ずっと格好良く思えた。

そんな爺ちゃんがある時、普段とは違う真剣で怖い顔をして話してくれた。
爺ちゃんが仲間達と漁に出たとき、突然海の真ん中で船が何かに乗り上げて座礁したという。
海図には、その辺りに暗礁や島があるようなことは書いてないため、おかしいと思い、
船の下の様子を見ようと、仲間の1人が海に飛び込んだところ、
なんと、海面が腰のあたりまでで足がついてしまった。
試しに爺ちゃんも飛び込んでみたら、水深1m強のあたりで確かに足が底を捉えたという。
そこから周りを歩き回ってみたが、船から20m以上も離れてもまだ先があったと爺ちゃんは語った。
仲間の一人は、水中に潜ったところ、赤茶色のデコボコした底を見たという。

未発見の暗礁か?→ここの海の深さではあり得ない。
鯨の死体か?→あまりにもデカすぎる。
などと意見を交わしてうちに、仲間の一人がポツリと呟いた。
「こりゃあ海ボウズってヤツじゃねぇのか?」


2015年10月06日

海にまつわる怖い話・不思議な話 1

545 :オキ :03/02/01 03:34

「俺が死んだら骨の半分は海にまけよ」
と、少々はた迷惑な遺言を残している、自称海の男の父。
今回は、父が海の男になりきれない弟に、彼が初の長期航海に出る前に話していた内容から。

548 :オキ :03/02/01 03:47

弟は学歴を、全く父と同じ様に進みました。
同じ高校、同じその上の専攻課、(西日本では少々有名な水産高校で、その上に専門学校の様な学部が二年ある)
船酔いの酷い弟が、そのように自分と同じ道を歩むなど夢にも思わなかった父は、毎日嬉しそうでした。

552 :オキ :03/02/01 04:12

それは、弟が遠洋漁業の研修航海で、海外(目的地はハワイ)に出かける数日前のことでした。
父が弟に、何事か真剣に語っているのです。
「ハワイに着くまでに、日付変更線を赤道ら辺で越えるだら。
 その時甲帆(船の甲板での作業。もしくは、夜ならみはり等)の係りになりそうだったら、
 仮病でもいい、絶対に船外にでるな。
 お前は船酔いが凄いけん、先生もゆるす」
弟は不思議そうに、「なんで」と聞いていましたが、
父は「いいけん。お父さんの言うことをきけ」と、強く言っていました。
赤道付近が、夜半になると波が荒くなると聞いたことはあるのですが、
日付変更云々は聞いたことがありませんでした。

私はその時、なんか変な男同士の話だなぁと思っただけでしたが、妙に心に引っかかっていました。
サボリや仮病の大嫌いな父が、そんな話を弟にしていることを。

2015年08月28日

海にまつわる怖い話・不思議な話 1

494 :お軽と勘平 :03/01/24 03:00

【インドネシア】不明のインドネシア機、兵士700人を派遣し捜索活動を強化[01/08]


8 :七つの海の名無しさん:2007/01/08(月) 16:42:56 ID:Stci4N1F

1872年11月5日、マリー・セレスト号という二本マストのアメリカ船が、
原料アルコールを積んで、ニューヨークからイタリアのジェノバに向けて出港した。
この船に乗っていたのは、ベンジャミン・ブリッグス船長と8人の乗員、
そして、船長の妻マリー(本によってはファニー)と娘のソフィアの、総勢11人であった。

ところが、1ヵ月後の12月5日、そのマリー・セレスト号が、
ポルトガルとアゾレス諸島の間の大西洋を漂流しているのが、イギリス船デイ・グラシア号に発見された。
航行している様子はなく、海上を漂っている状態だったため、何か事故が発生したのではと思い、
グラチア号は、マリー・セレスト号に近づいて船を横付けにして声をかけてみたが、返事がないため、
船長以下、数人の乗組員か乗り込んで、中の様子を確認することにした。
しかし、船の中には誰も見当たらなかった。 
海賊に襲われたのか?伝染病に感染して乗組員全員が死亡したのだろうか?それにしても、死体がないのはおかしい。

しかし、不思議なことはそれだけではなかった。
船内の様子を調べる内に、次々と奇怪なことが分かったのだ。
無人で漂流していたマリー・セレスト号の、船長室のテーブルにあった朝食は、食べかけのままで暖かく、
コーヒーはまだ湯気を立てており、調理室では、火にかけたまま鍋が煮立っていた。
船員の部屋には、食べかけのチキンとシチューが残っていた。
洗面所には今までヒゲを剃っていたような形跡があり、ある船員の部屋には血のついたナイフが置いてあった。 

1 / 212
怖い話・怪談カテゴリー
人気の記事

最近1ヶ月の閲覧数順