2016年09月10日

∧∧∧山にまつわる怖い話Part15∧∧∧


48 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/12/14 01:45:16 ID:etYsJ3yP


友人の話。

彼の実家は山で棚田を耕している。
つい先日里帰りした折、「最近は熊や猪がよく出るので大変だろう」とお祖父さんに振ったところ、
何ともおかしな答えが返ってきた。

「熊やらは大変だけど、気をつければそう怖くはない。
 本当に怖いのは、歌う案山子だ」

田で作業をしていると、何処からともなく歌声が聞こえてくることがあるのだと。
目を上げると、遠くでユラユラとハミングしている、細い影が見えるらしい。
ひどく気味の悪い代物なのだそうだ。
そんな時は作業に終いをつけ、すぐに引き上げるのだという。
この時、後ろを振り向いてはいけない。何かと厄介なことになる。
どう厄介なのかは、つい聞きそびれてしまった。

「案山子ってのは、ちゃんと供養してやらないとダメだ」

お祖父さんはそう言って、ちびちびと酒を飲んでいたそうだ。

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

怖い話・怪談カテゴリー
人気の記事

最近1ヶ月の閲覧数順