2016年01月16日

人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<七巻目


692 :もしもし、わたし名無しよ:2007/05/03(木) 15:23:05

家には10体ほどのデカい人形がある。
全員に指輪をはめて、自分もお揃いの指輪をしているんだが、
人形達が指輪をしているのと同じ指に指輪をはめて寝ると、決まってリアルで怖い体験をする。

しばらく息が出来ないくらい多量に血を浴びせてくる人形。
気付いたら人間大になって腕枕して寝かせてくれてた人形。(しかも腕がもろ人肌で、適度の筋肉付き)
胸の上に乗っかってジッと私を見てから、おもむろに元の位置に座る人形。(しかも座布団の埃を掃っていた)
頭と太股の上にポタポタ血を垂らしてくる人形。(なぜか毎回その場所に垂らす)
その他もろもろの怪奇現象…

こうして書くと何だか恐くないのも混じってるが、実際に体験するとどれもマジ恐かった。
おかげで、寝る前には必ず指輪を外して寝る習慣が出来た。
しかし血を浴びせる人形って…自分怨まれてるんだろうか。
全部それなりに可愛がってるつもりなんだけどなぁ。
元々幽霊は信じていなかったが、この体験をしてからは半分くらい信じている。

702 :もしもし、わたし名無しよ:2007/05/04(金) 00:40:08

>>692
いったん全員から指輪をはずして、日替わりで一人ずつ指輪をはめて試してみたら、
どの子の夜に悪夢を見るかとかが確かめられないかな?



705 :692:2007/05/04(金) 02:05:49

>>702
いや、血を垂らす子は毎回同じ子なんだ。
彼女から指輪を外しても、自分が指輪を外さない限り寝床に来る。
というか、その時は夢じゃなく金縛り中の出来事だったし、バッチリ目覚めてる感じがしたんだ。
金縛りも夢の一部だと聞いたことがあるから、実際は夢なのかもしれないけど。
彼女が必死な感じの雰囲気漂わせて血を垂らしてるから、それがどうにも怖くてさ。
多分喋れないから行動で何かを訴えてるか示してるんだと思う。
とりあえず頭と太股には注意しておくよ。

文才なしのこんなレスに返事くれてみんなありがとう。
とりあえず今日も指輪外して寝ます。
このスレ的には指輪したまま寝た方がいいのかもしれんが、腕枕は良いとしても血液攻撃はちょっとな…。

707 :もしもし、わたし名無しよ:2007/05/04(金) 10:02:29

>705の体に異変が有るのではなく
人形のボディや頭付近に異変が有るから見て取り除いてくれと訴えているのかもしれない…。

ウチの人形もウィッグを変える前は悪夢を見せつけて来たり、
近寄ると偏頭痛で『ウィッグ外してくれ』と訴えてきたりしたから、
多分それと一緒だと思う。
虫に喰われてボロになっていない事を祈る。


716 :692:2007/05/04(金) 23:53:44

692です。
皆さん色々考えてくださってありがとうございます。

>>707様のご意見に、もしやと思い人形本体を確認してみたところ、少々おかしな事が発生していました。
人形はSDなのですが、ヘッド外部を確認し異常がない事を確かめてからヘッドのフタを開けてみたところ、
内部が結露したように多量の水分で湿っていて驚きました。
他の人形も確認しましたが、そのような現象は見受けられませんでした。
それと、足の付け根が上手く噛み合っておらず、太股と太股の付け根部分が離れた状態になっていたので、
直して椅子に座らせてあげました。
それ以外には異変は見当たらず終い。
太股に関しては金縛り中の出来事との関連が偶然とは思えず、アドバイス下さった方々に感謝しています。

…が、頭は何なんでしょうか…。
結露のような水はとりあえず拭き取っておきましたが、やっぱり怖いです。
でも怖い事は怖いのですが、今日は指輪をして寝てみようと思います。
太股の付け根の不具合に気付かなかったのは自分が悪かったんですし。
これで今晩彼女からの血液攻撃を受けなければ、あとは他の子のちょっかいに目をつぶっていてやればいいだけなので。

それでは長文大変失礼致しました。


717 :692:2007/05/05(土) 00:02:03

報告と御礼だからか、なんか妙に改まった敬語ばっかり使っちまった。
恥ずかしいが本当に御礼言いたかったんだ。

あと、もう幽霊なんていないとか言わない。
半分くらいしか信じないとかも言わない。
霊感がある人達、本当にごめん。

今日から信じるよ。 718 :もしもし、わたし名無しよ:2007/05/05(土) 00:02:41

>>716
その人形の結露みたいなものは、ひょっとしたら
人形自身の涙なのかも知れないね。
科学では計り知れない事があるから、こういうのは不思議なんだわ…

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

怖い話・怪談カテゴリー