2015年11月09日

ほんのりと怖い話スレ その93


791 :本当にあった怖い名無し:2013/04/18(木) 01:34:09.96 ID:W/5gy7lWO

親がほとんど開発されない山の中に土地を持ってる。
毎年夏前に草刈りに行くんだけど、その土地の近くに家が建ったのさ。
コンビニはおろか、街灯もない場所だから、
「こんな不便な所に別荘建てるなんて、よっぽど自然が好きなのかな?」
なんて思いながら草刈りしてたら、急にその家からオッサンが現れて、
「何してんだ!用が無いなら帰れ!」って、掴みかかられた。
たまたま両親が荷物取りに行ってて独りだったから自分はパニック。
「はぁ?草刈りしてるだけですけど」って説明しても、
「お前がストーカーか!」って離してくれない。
両親が来ても、謝罪無しで帰って行った。

次の年、その家の周りに手書きの看板で、
『ここから先立ち入るな!』『ストーカーは通報する』
とか赤や黄色のペンキで書かれてて、異様な空気に包まれてた。

人なんか滅多に来ない場所なのに、オッサンにだけなんか見えてたのか?って思うとgkbr
大麻畑は無かったと思うけど、目がヤバくて怖かった。





797 :本当にあった怖い名無し:2013/04/18(木) 17:07:45.54 ID:UgftzsMr0

>>791
所有者を知っているなら確認しておいた方がいい。
昔、親戚が生駒山山中に土地を持っていたが、いつの間にか朝鮮人が住み着いていたそうだ。
日本だと15年?向こうの法律だと8年位放置で所有権を放棄したとみなされるらしい。
当然、日本の土地だから裁判ではあっさり勝ったが、
そうやって彼等は戦災で死亡した所有者の土地に居座って、駅前の一等地を不当に取得して来た。

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

怖い話・怪談カテゴリー
人気の記事

最近1ヶ月の閲覧数順