2015年08月18日


人形の怖い話ありませんか?(ΦДΦ)<十六巻目

815 :2-1:2010/09/02(木) 23:29:42

何かアレだから、怖いかいい話かよくわからない話をひとつ。

ウチには等身大のベビードールがいる。
両親が結婚祝いにもらった人形だから、もうすっかりビンテージだけど。

不思議な事がおこりはじめたのは、母が姉を妊娠してから。
人形の近くにいると、時々か細い声で、
「…だから…したほうがいいよ」という、妊娠中のアドバイスが聞こえるようになった。
もちろん、テレビもラジオも付いていない。でも、内容は的確。
ほとんどが母の体調が悪くなりかけた時に、対処法を教えてくれていたそう。
おかげで、母(姉)は2度ほど流産を免れたそうだ。
声は母にしか聞こえず、その母も人形のすぐそばで、
しかも人形に注意を払っていない時しか聞くことはできなかった。



母が最後に聞いたのは、姉出産の直前。
いつものように、人形のそばでチクチクと刺繍をしていたら、
「う~……ん…がんばってね」と。
「何を?」って顔を上げた途端、陣痛が来て…。
私の時は、アドバイスは無かったらしい。 816 :2-2:2010/09/02(木) 23:31:51
人形の声を、私も3、4歳の頃2回聞いたことがあるんだけど、なぜか私に対しては洒落にならない内容。
その当時は、人形の居場所はリビングになっていたんだけど、
母とケーキを作っている最中、たまたま母が席を立ったタイミングで、
「それおいしいよ。甘いジュースだよ」って、か細い声が聞こえた。
テーブルの上のボウルには、溶いたばかりのスポンジ生地の原液が。
匂いは甘いので、味もきっと甘いに違いない!とボウルから直飲みしようとした瞬間…
戻ってきた母に止められました。

別の日、クッキーの缶に入っていたシリカゲルを眺めていたら、
「それおいしいよ。お砂糖だよ」
さすがにそれにはひっかかりませんでしたw

人形は今もリビングでにいますが、最近1人きりでいるとなんとなく視線を感じる。
悪意のある視線じゃなくて、何かこう、ツッコミ待ちしているwktk視線というか。
そういえば最近、両親が老後の趣味とかで家庭菜園をはじめた…。
密林で思わず、『食べられる野草と毒草』という図鑑を買ってしまいました…
あの人形なら、母に毒草買わせて、私に食べろと囁く位やりかねない気がするので。 818 :もしもし、わたし名無しよ:2010/09/03(金) 00:32:14
ネーチャンは人形の声聞こえないの? 823 :815:2010/09/04(土) 20:05:38
レス ありがとうございます。
姉は、理系で超リアリストのせいか、一切そういう話に耳を貸しません。
でも時々、真新しいベビー服をどこからともなく調達して来て、着せ替えしているので、
もしかしたら何かあるのかもしれません。
とりあえず、何かあった時の為にハリセンでも作っておこうかとw


コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

怖い話・怪談カテゴリー