2015年07月04日

∧∧山にまつわる怖い・不思議な話Part68∧∧

811 :本当にあった怖い名無し:2013/04/21(日) 04:28:13.43 ID:HsD8YRZ+O

じいちゃん林業やってるんだが、童話の斧の話みたいな体験したそうだ。

じいちゃん専用の山道を1時間くらい入った所に小さい沼がある。
春の終りごろかな、枝を鉈で落としながら道を確保してたら、
軍手してる手から鉈がすっぽ抜け、その沼に落ちた。
今まで沼は危ないから近寄らなかったけど、必要な道具だし仕方なく沼のほとりに立った。
沼の大きさは、広いところで直径5メートルくらい。
水の色は泥で黒いし、浮き草みたいのもいっぱい浮いてて底が見えない。
近くの手頃な木の枝を折って水をつついてみたけど、枝の先はズブズブと飲まれていつまでも底につかない。
じいちゃんはすぐ諦めてもと来た道を引き返し、釣り堀で使うような柄の長いタモ網を持って沼に戻った。
そしたら沼のほとりにある小さい岩の上に、鍋のフタと錆びた糸きり挟みがw
じいちゃんは思わず「これじゃない」と言ったんだけど、気味悪いからすぐ引き返した。
翌日、またタモ網持って確認しに行ったら、鍋のフタと糸きり挟みは無くなってて、
岩のそばの桑の木に、じいちゃんの鉈が刺さってたそうな。

最初探した時は見つからなかったし、水に落ちる音も聞いたから、沼の中に落ちたとばかり思ってたけど、
よくわからんと言ってました。

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

怖い話・怪談カテゴリー
人気の記事

最近1ヶ月の閲覧数順