2015年06月27日

∧∧∧山にまつわる怖い話Part5∧∧∧

789 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :04/01/13 00:42
友人の話。

仕事で山にこもっている時に長雨に祟られた。
雨天の中、遠くの岩山を見ていると、何か大きな影が岩壁から浮き出してきた。
それは山ほどもある好々爺の姿をしており、彼を見てにっこりと笑った。
仰天していると、すうっと透き通って消えたそうだ。

親方のところに報告すると、次のように言われた。
「ああ、ヒヨリさんが出たのか。じきに雨も止むな」



確かにそれからすぐ雨は止んだのだという。 796 :あなたのうしろに名無しさんが・・・:04/01/13 10:32
>>789
日和坊ですな。
鳥山石燕『今昔画図続百鬼』晦巻に、
『常州の深山にあるよし。雨天の節は影見えず。日和なれば形あらはるると云。
 今婦人女子てるてる法師といふものを紙にてつくりて、晴をいのるは、この霊を祭れるにや。』
とあります。
常州(常陸国、今の茨城県北東部にあたる地域)の深山に、晴れの時のみ姿を現すもののようですね。
てるてる坊主の起源になったなどという説も紹介されていうます。

ちなみに、西日本のお年よりなんかは、今でもてるてる坊主のことを『日和坊主』といったりするとかしないとか。

コメントを残す

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

怖い話・怪談カテゴリー